東京電力エナジーパートナー、『遠くても安心プラン』のサービス利用をアマゾン・エコー対応に

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 東京電力エナジーパートナー(東京都港区、川崎敏寛社長)は8日、住宅分野のInternet of Things(IoT)サービス『TEPCOスマートホーム 遠くても安心プラン』(以下『遠くても安心プラン』)に、Amazonが販売するスマートスピーカー『Amazon Echo』に搭載された人口知能(Artificial Intelligence、AI)『Amazon Alexa』に対応した新サービスを追加したと発表した。これにより自宅で『遠くても安心プラン』を利用する際、スマートフォンの画面を操作することなく、同プランがラインアップしている一般的なサービスを音声で利用できる。スマートフォンの専用アプリで利用できる現在のサービスのうち、今後さらにどのサービスを『Amazon Alexa』対応とするかについて同社は、現サービスに対する市場の反応をみて検討したいと説明している。

2017年11月16日04面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)