『TOSTEM』の名称復活、LIXILグループの新中計

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 LIXILグループ(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は2018年度からの新中期3ヵ年経営計画で、21年3月期に事業利益率は18年3月期(見込み)比2・0ポイント増の7・5%、売上収益は同3・6%増の1兆7400億円を目指す。日本国内の中計に関する事業施策では、商品がエンドユーザーから〝指名買い〟されるための新たなプロダクトブランド戦略を導入。ブランド名を聞いただけで当該商品群が想起される市場環境を作る目的で、7分野の商品カテゴリーで各商品群をまとめた特定のブランド名・商品名などを設定し、競争力向上の基盤作りとして当該名称の普及と商品デザイン向上などに資本を集中的に投下する。窓・ドアのブランドでは、LIXILの前身会社の一つトステムの名称の扱いを復活させ『TOSTEM』ブランドとしてPRを本格化する。各ブランドの名称がある程度認知されたのちは、「エンドユーザー個々のワン・トゥ・ワンにフォーカスしたブランドコミュニケーションに移す」(瀬戸社長)。18年度以降に『TOSTEMブランド』として市場投入する窓商品は「ハイブリッド(複合)をもっと極めた商品」(同)とする。

2017年11月02日01面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)