オムロン、実発電量最大化に貢献する屋内単層パワーコンディショナ『KPK―Aシリーズ』

 オムロン(京都市下京区、山田義仁社長)は8月、住宅用太陽光発電システムの実発電量最大化に貢献する屋内単層パワーコンディショナ『KPK―Aシリーズ』(容量4・0kWタイプ/同5・5kWタイプ)を発売する。販売目標は2020年までの約3年間で15万台。販売価格はオープン価格の設定となっている。
 ここ数年、戸建住宅向け太陽光発電システム商品の傾向は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)などに対応するため、より小さな面積で効率的に発電する高出力タイプのパネル搭載ニーズが高まっている。

2017年07月13日07面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)