LIXILグループ、秋に『新中期経営計画』を発表=「3ヵ年」か「5ヵ年」かは検討中

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 LIXILグループ(瀬戸欣哉社長)は今秋、現在策定作業中の「新中期経営計画」の内容を発表する。8日の2017年3月期決算説明会で瀬戸社長が発表した。計画期間を3年とするか5年とするかは検討中。瀬戸社長は新中計の開始時期を明言しなかったが、計画期間が現時点で未決で内容の発表が今秋であることから推測すると、開始時期は、(1)現中計(期間は16年3月期~18年3月期)を中断し今期(18年3月期)(2)現中計終了後の19年3月期――のうち、19年3月期(18年度)の可能性が高いと思われる。なお、17年3月期業績は会計基準を従来の日本基準からIFRSに移行、18年3月期業績として前期に続き当期利益で過去最高を目指す。

2017年05月11日04面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)