大建工業、省施工・デザイン性も完成畳『ZIPANG ここち和座』を訴求 | 住宅産業新聞

大建工業、省施工・デザイン性も完成畳『ZIPANG ここち和座』を訴求

2016年10月13日04面_住宅産業

 大建工業が畳事業を強化中だ。住宅向けでは完成畳の扱い強化として紙製畳おもて『ZIPANG』を表面に使ったインテリア畳『ZIPANGここち和座』のアピールを強め、非住宅は専従部門を設置し需要開拓を積極化している。『ZIPANGここち和座』はフローリングに直接置き簡単に和の空間を作れるほか、一般的なフローリングと同じ厚みのタイプは床下地高さをフローリングと同じにできるため、設計手間がかからないことに加えリフォーム対応力が高い。非住宅では紙製畳おもての新規需要開拓に加え、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え増加が予想される訪日外国人に「和」をアピールできる商品として、宿泊施設需要をつかんでいく方針だ。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)