記事の分類: 住宅・工務店
ライフデザイン・カバヤ、入居者に寄り添う災害対応=豪雨災害からまもなく5ヵ月
 「田園風景が広がる町が水没した」――。  7月6日から7日にかけて岡山県倉敷市真備町周辺では24時間あたりの最大雨量が200ミリを記録。小田川が数ヵ所で決壊したため約4600棟の家屋が浸水した。  岡山県と広島県東部を販売エリアとするライフデザイン・カバヤ(岡山市北...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

オクトが図面管理に特化したアプリ「アンドパッド図面」を展開
 住宅業界向けシステム開発を手がけているオクト(東京都千代田区、稲田武夫社長)は、施工管理アプリ『ANDPAD(アンドパッド)』を2016年3月に販売。現在、導入実績は1300社を数えている。  同アプリは、建築・リフォームの現場における情報をスマートフォンで一元管理するも...続きを読む
ヒノキヤグループ、連結子会社の組織再編を実施
 ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は8日、連結子会社の組織再編を行うことを発表した。  来年1月1日付で、桧家不動産の土地活用事業および介護事業をレスコハウスに継承させる会社分割を行う。  同時にレスコハウスは、商号を「ヒノキヤレスコ」に変更する。...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

ケイアイスター不動産とネグプランが不動産事業で業務提携
 ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二代表)は7日、エスクロー・エージェント・ジャパン(EAJ)の連結子会社であるネグプラン(新潟市中央区、木村利明社長)と不動産事業における業務提携を締結したことを発表した。...続きを読む
2018年10月主要住宅企業10社の受注速報、2ケタ増が4社に
 大手住宅企業10社の2018年10月の受注状況(速報値、金額ベース)は、プラスが7社と全体的に堅調なようだ。  好調の主な要因は、17年10月のハードルが低かったためで、各社とも「消費増税による駆け込みの影響ではない」と口を揃える。...続きを読む
リゾン、不動産会社からまちづくり会社へ=入居者との関わり重視
18102818
 埼玉県南部の朝霞市、和光市、志木市、新座市を中心に年間50棟規模の分譲住宅を展開しているリゾン(埼玉県朝霞市、橋本太樹社長)は、従来の不動産会社からまちづくり会社への転換を図った。  同社のまちづくりのポイントは、その地域が入居者にとっての〝ふるさと〟になるような「ふるさ...続きを読む
HOMMA、日本の工業化技術でアメリカ住宅産業に革新を
18110826
 起業家の本間毅氏がシリコンバレーで立ち上げたホームビルダー・HOMMAは、日本企業が培ってきた工業化住宅の技術やノウハウなどをアメリカに持ち込み、旧態依然の住宅産業の技術革新を狙う。  居住者の快適性や利便性を徹底的に追求した空間提案、人間工学や生活習慣を参考に開発された...続きを読む
パナソニック、『Home X』で変わる住まい=行動した瞬間に機器が助言
18110231
 パナソニックビジネスイノベーション本部長の馬場渉氏は「暮らしをインターネットに直結して『家の体験をアップデート』したい」と話す。  この仕組みを実現するのが、同社が開発したIoT家電・設備をつなぐ「HomeX」というプラットフォームだ。既に、パナソニックホームズの戸建住宅...続きを読む
桧家住宅が利府展示場に二世帯住宅のモデルハウスをオープン
18110514
 ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)の子会社である桧家住宅(東京都文京区、荒井孝子社長)は3日、利府展示場(利府ハウジングギャラリー内、宮城県利府町)に二世帯住宅のモデルハウスをオープンした。...続きを読む
パナソニックホームズ、都市型IoT住宅「カサートアーバン」に次世代端末「HomeX」搭載
18110501
 パナソニックホームズ(大阪府豊中市、松下龍二社長)は3日、都市型IoT住宅「カサートアーバン」を発売した。  住人の暮らしぶりと家電や住宅設備を連携し、より良い暮らしを提案するパナソニックの「くらしの統合プラットフォームHomeX」を搭載した世界初の住宅商品で、「パナソニ...続きを読む
TOP...234...10...

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)