記事の分類: 設備・建材
ポラスグループ・ポラテック、オリジナル工法で木造非住宅建築のコスト削減=大断面と比べ15~40%減
2017年12月14日04面_住宅産業
 ポラスグループで木造戸建住宅事業およびプレカット事業を展開するポラテック(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は1日、設計事務所関係者を対象にグループの分譲住宅会社ポラスガーデンヒルズの新社屋として建築中の木造3階建て事務所棟(千葉県松戸市)の構造見学会を実施した。見学会当日、ポラテ...続きを読む
YKKAP、ウェブサイト『断熱・気密ナビ』を開設=印刷で打合せなどにも活用可能
2017年12月07日04面_住宅産業
 YKKAP(堀秀充社長)は建築雑誌『ディテール』(彰国社)とコラボレーションを行い、11月28日に設計・施工者向けのウェブサイト『断熱・気密ナビ』を開設した。サイトのコンテンツは「設計」・「施工」・「知識」の3テーマで構成し、各部位の納まりや施工手順などが理解しやすいように、図...続きを読む
LIXIL、建材とAIスピーカーを連携させた国内初のIoTシステムを発売=来年4月に
2017年12月07日04面_住宅産業
 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は4日、2018年4月に建材とAIスピーカーを連携させた国内初のIoTシステムを発売すると発表した。発売されるシステムは、同社が販売している電子錠付玄関ドアと電動窓シャッターのほか、室内の照明機器、エアコンなどが、(1)先ほど国内で発売...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

ジャパン建材と橋本総業、競争力ある商品を相互販売へ
2017年11月30日04面_住宅産業
 JKホールディングス(東京都江東区、青木慶一郎社長)は9月26日に業務提携したグループの事業会社であるジャパン建材と橋本総業(東京都中央区、橋本政昭社長)のシナジー創出として、今後、扱いが重複しておらず市場競争力を持つ商品を、互いの会社から仕入れて販売する施策の実現を目指す。J...続きを読む
クリナップ、来年2月に高級帯システムキッチンのフラッグシップモデル投入
2017年11月30日04面_住宅産業
 クリナップ(東京都荒川区、佐藤茂社長)は2018年2月をメドに、同社システムキッチンのフラッグシップモデルとなる新ブランドを投入する。16日に行った18年3月期第2四半期決算説明会で発表した。同社が現在ラインアップしているシステムキッチンの最上位ブランドは『S.S.』で、新ブラ...続きを読む
トクラスが会員にオリジナルキッチン商材、『ベリー』拡販狙い新施策=新会員制度『ベリープレミアムパートナー』を新設
2017年11月30日04面_住宅産業
 トクラス(静岡県浜松市、佐々木良社長)は中高級帯システムキッチン『ベリー』の拡販策として、川下展開を強化する。同社は従来から地域工務店・リフォーム店を主な会員とするボランタリーチェーン(VC)として会費制の『トクラスリフォームクラブ』(以下TRC、会員数約1500社)を運営して...続きを読む
日立製作所、使用方法の音声検索を可能に=『アマゾン・エコー』使い
2017年11月16日04面_住宅産業
 日立製作所(東原敏昭社長)は8日、Amazonが提供する音声サービス『Amazon Alexa』を活用し、『Amazon Echo』に話しかけることで家電の使い方などを音声で答えるサービスの提供を始めた。日立アプライアンスのロボットクリーナー『ミニマル RV―EX1』の『お知ら...続きを読む
東京電力エナジーパートナー、『遠くても安心プラン』のサービス利用をアマゾン・エコー対応に
2017年11月16日04面_住宅産業
 東京電力エナジーパートナー(東京都港区、川崎敏寛社長)は8日、住宅分野のInternet of Things(IoT)サービス『TEPCOスマートホーム 遠くても安心プラン』(以下『遠くても安心プラン』)に、Amazonが販売するスマートスピーカー『Amazon Echo』に搭...続きを読む
大和ハウス工業、戸建てシェアトップ目指す、トップとの差、成長余力
2017年11月16日02面_住宅産業
 大和ハウス工業は、戸建住宅事業でトップシェアをとるために商品力と営業力を強化するとともに、中長期的にはM&Aや業務提携を含めた手法も視野に入れる考えを示した。都内で13日に開催した決算説明会で明らかにしたもの。1日に就任した芳井敬一社長は、戸建住宅事業を強化する方針を打ち出して...続きを読む
パナソニック、京都市などとアパート用宅配ボックスの実証実験=普及率の低さに対応、市場の需要喚起への期待も
2017年11月16日04面_住宅産業
 パナソニック(大阪府門真市、津賀一宏社長)は8日、京都市および京都産業大学と共同で、宅配ボックスの実証実験「京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト」(主催=京都市)を同日付で始めると発表した。期間は2018年1月末までで、同年3月頃に結果を公表する。住宅に対する宅配ボックス...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)