住宅経済データ集 2016年度版

国土交通省住宅局住宅政策課の監修により、新設住宅着工や住宅投資についての基礎データのほか、住宅に関するマクロ経済や 家計経済の姿などを、図表を用いてわかりやすくまとめたものです。今年度は、新たに策定された住生活基本計画についても更新しています。
また、最新の住宅統計調査・主要先進国の国際比較データなども掲載しています。調査研究 やマーケティング分析、市場開拓・商品開発における参考資料として、是非ご活用下さい。

【主な内容】第1章:住宅整備の現状(世帯数や住宅戸数の推移など)/第2章:住宅建設の動向(新設住宅着工戸数や各建築 工法別の戸数推移など)/第3章:建築費および地価の現状/第4章:住宅の流通(既存住宅の流通市場など)/第5章:国民経済と住宅投資(GDPに占める 住宅投資など)/第6章:住宅と家計経済(住宅価格と所得のかい離など)/第7章:住宅政策の展望と課題(住生活基本法、住生活基本計画など)/第8章: わが国の政策金融と住宅税制(住宅ローン減税制度、耐震改修促進税制など)/第9章:居住水準等の国際比較

書籍情報
価格(税別):2200円
体裁:B5
ページ数:195ページ