JPEA=PV施工技術者の認定制度、来年3月にも第1回試験

 太陽光発電協会(JPEA)は、住宅用太陽光発電システム(PV)の施工品質の維持向上を目的に、『PV施工技術者制度』を立ち上げる。

 同制度は「PV施工技術者研修制度」と「PV施工技術者認定制度」で構成される民間資格で、一定水準以上の知識、技能を修得した人を同協会が認定する。第1回の試験は2013年3月頃に行う予定。PVの施工には、システム本体の設計・施工技術のほかに、屋根構造や建築基準法、周辺機器といった総合的な基礎知識が必要となる。

 同協会は、社会的ニーズなどに応じて見直しを行い、制度の国家資格化を目指す。

2012年10月25日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)