住団連の18年度第2回業況感調査=全国的に集客増加、一部地域で駆け込みか

 住宅生産団体連合会(会長=阿部俊則積水ハウス会長)は8月24日、会員の支店・営業所・展示場などの営業責任者に対して3ヵ月ごとに実施している住宅市場の業況感調査結果(2018年度第2回・7月調査分)をまとめた。

 戸建注文の集客は回復傾向で、東北と九州では全国平均を上回り、明るい兆しがみえつつある。

 一部地域での集客の増加が、消費増税を控えた駆け込みの影響なのかは不明だ。


2018年09月06日付2面から一部を抜粋
お得で便利な定期購読のご案内
デジタル版を試し読み!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)